About

西和賀町について

 岩手県和賀郡西和賀町は岩手県の南西、秋田県横手市との県境にある緑豊かな町です。淡路島とほぼ同じくらいの面積の土地に約5,000人の人々が暮らしています。

 町のキャッチフレーズ「どこにもない四季と湯の里」にもあるように、四季によってその風景はまったく異なります。さまざまな花々が咲き乱れる春、空や湖の水色と草木の緑がまぶしい夏、山々が黄色や紅色に染まる紅葉の秋、一面が雪の白に覆われる冬……西和賀町には日本の美しい四季の風景が凝縮されています。また、「湯の里」としての西和賀町には温泉旅館だけでなく、東北唯一の砂風呂「砂ゆっこ」をはじめ日帰りの温浴施設が多く、湯治に訪れた観光客がリピーターとなることも少なくありません。

 また、近年では「ユキノチカラ」ブランドとして、地域をあげて特産品のブランディングに取り組んでいます。特産品の山菜「西わらび」を使用した西わらびピクルス、わらび粉100%のわらび餅などのお菓子、湯田牛乳公社のヨーグルトをはじめとした乳製品、蜂蜜、地ビール、季節の郷土料理など、まさに自然の恵みというべき健康的でおいしい食べ物に恵まれています。

 他にも、他県からもリピーターが絶えない知る人ぞ知る激安スーパー、春先にしか楽しめないカヌーツアー、人里離れた山奥で開業した創作料理のレストランなどなど、何度も足を運びたくなるような隠れたスポットが西和賀町にはたくさんあります。ぜひ一度足をお運びいただき、あなたのお気に入りの季節とスポットを見つけてみてください。